簡単!ソーホースブラケットを活用してワークデスクを作ってみた!

DIY

簡単にデスクやラックなどをDIYできるソーホースブラケットでワークデスクを作ってみました。

素人でも、組み方次第でさまざまなアイテムを作ることができるパーツです。いろいろと活用してみたかったので、長めのデスク作りに挑戦してみました。

 

ソーホースブラケットとは

ソーホースブラケットは、作業台などを簡単に作ることができる金具のことです。

「ソーホース(SAWHORSE)」は直訳すると「馬の脚」という意味で、名前のとおり作業台の脚部分に使用します。簡単に組み立て&解体できるため持ち運びも可能で、工事現場やキャンプ、お店の看板でもよく使用されています。

【商品サイズ】幅約95mm×高さ約110mm×奥行約95mm(折りたたみ時)
【耐荷重】約136kg
【入数】2個
【材質】鉄
【重量】約500g(1個あたり約250g)

特徴

・値段が安価でDIYに取り入れやすい

・使い方が簡単

・汎用性がある(アイデア次第いろいろなアイテムが作れます)

・耐荷重があるため安定感がある

・折り畳んで収納でき、持ち運びもしやすい

・お庭やインテリアにアウトドア感を出せる

 

準備するもの

 購入品 
・ ソーホースブラケット 2個セット×2 1560円
・ 2×4材 38㎜×89㎜(脚用)1830×4本 1600円
・天板用棚板 (1750㎜×500㎜×21㎜) 1枚 3990円
合計 7、150円

シルバーもかっこいいですね。

 

 工具 
・インパクトドライバー
・ビス
・紙ヤスリ

 

 

How to ワークデスク(作り方)

①サイズ(幅、奥行、高さ)を決める

今回は幅1750㎜、奥行500㎜、高さ700㎜になるように作ります。

 

②部材をカットする

木材購入時にホームセンターでカットしてきました。
2×4材:600㎜×8本、500㎜×2本
天板用棚板:幅1750㎜×奥行500㎜ 1枚

 

③カット面をヤスリで面取り

切断面は鋭いため、ヤスリで面取りをします。

 

子供が怪我したり、床に傷が付きにくくするために行いました。
角が無くなり指でこすっても痛くありません。

 

④ブラケットに部材を取り付ける

ソーホースブラケット1個に対して、2×4材600㎜2本を取り付けます。
こちらを計4個作ります。

 

2個を並べて、2×4材500㎜を橋桁のように掛けます。
この2個1組が1つの脚になります。

こちらを2脚製作します。

 

⑤脚に天板を取り付ける

2脚を適当な間隔で等間隔に配置し、天板を取り付けて固定。

以上でデスク完成!!!
予想以上に簡単かつ素早くワークデスクが完成しました!

完成レイアウト

 Before 

趣味部屋です。キャンプ道具やら何やらが散乱しています。
・・・お恥ずかしい(*_*)

 

 After 

仕上がりはこちら。

小物が置いてある既存デスクの高さ・奥行に合わせて製作し、L字の作業台となるようにレイアウトしました。さらに長くしたい場合は、ワークデスクの横に既存デスクを並べれば長〜いカウンターデスクにもなります。

長いテーブルは既製品ではベストなサイズを見つけるのは難しく、安くても数万円はしてしまいます。理想なサイズでデスクを製作できて、かつリーズナブル!簡単DIYは大満足でした!

家の中でもアウトドアスタイリングができ気分が上がりますので、ソーホースブラケットを用いたDIYはアウトドア好き・インテリア好きな方にはとてもお勧めです。

アイデア次第で自分好みの愛着ある家具やアイテムをDIYして楽しんでみてください。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました